シンボルマーク
NEWS!!!
101歳の洋画家・入江一子の最新刊、10月10日発売!

『101歳の教科書』

~シルクロードに魅せられて~

NHK「日曜美術館」の特集放映で反響を呼んだ今注目の101歳の画家、珠玉の画文集を刊行!
50代半ばからシルクロードを30ヶ国以上旅し、半世紀にわたりシルクロードの風景や人々を描いている洋画家・入江一子(独立美術協会会員/女流画家協会委員)。今年1月に、200号の大作をずらりと並べた「100歳記念展─百彩自在─」を上野の森美術館で開催。101歳を超えてもなお創作意欲に溢れ、阿佐ヶ谷のアトリエで大作を描き続けています。6月18日(再放送25日)のNHK「日曜美術館」の放映直後から、その絵に対する情熱や生き様、作品の色彩の美しさに心揺さぶられた多くの視聴者より反響の声が寄せられました! 今話題の洋画家・入江一子の最新エッセイ集です!

101歳の教科書

『101歳の教科書~シルクロードに魅せられて~』
【著者】洋画家・入江一子
【仕様】四六判、並製、152頁、オールカラー
【定価】本体1,000円+税
【ISBN】978-4-908429-10-1 C0095
【ネット通販】生活の友社で購入
Amazonで購入

リリースPDF
ダウンロードはこちら